猫☆猫の飼い方

   
   
猫ちゃんの家族

猫☆猫の飼い方

スポンサードリンク
ちゃんの飼い方
猫を家族の一員として迎え、その前に猫の飼い方を取得し
を最期まで愛情と責任をもって猫を飼いましょう。
猫は飼い主とは、どのように思っているのでしょう。犬は主従関係がはっきりしてますが

猫は、飼い主と同等に思っているようです。一緒に暮らしている仲間だと意識をしている

ようです。やはり、人間の様子を見てエサをくれる人は誰か、すぐ分別します。

絶対、服従はしませんから、猫を威圧的に接すると、心から馴じんてくれません。

猫は、お話ができないので、飼い主が食事や健康を十分に

心がけてやりましょう。

つかず離れずの関係で猫のプライドを保ち、

共同生活をしていると思えばいいでしょう。

まず、猫と一緒に暮らす心構えをしっかり持って、

あなた一人ではなく周囲の人たちにも

理解を得られるようにしましょう。

1.環境をよく考えて決める

     室内飼育:家の中で十分遊べる工夫を!上下に移動できるスペースを作りましょう。
            (例)高くたかーく駆け上ったりするタワー

     屋外飼育:猫の活動の責任を持ってください。もし、猫が虐待された場合は
            飼い主の責任になっています。

2.猫と生活する貯めの必需品

    エサ:ご飯に鰹節だけでは、栄養失調になります。
       猫用のドライキャトフードまたはカンズメがあります。
        ※我が家は、金額は中間どころにしてます。       

    爪とぎ:専用の爪とぎまたは柱などにまきつけて使用されてもいいと思います。
    ベット:猫が安心して練れる場所を確保してください。段ボールにタオルを敷いた
        ものでもいいです。冬は毛布で対応しましょう。

3・食べると危険な食べ物
    
   ねぎ類:玉ネギ、長ネギのネギ類は、赤血球が壊れ貧血を引き出します。
   脂身:膵臓障害を引き起こす可能性ある。
.
   イカ、タコ、スルメ:イカにはビタミンB1を破壊する酵素、、ビタミンB1欠乏症を引き起こす
              可能性あり。酵素は過熱すればこの問題はない。イカ、タコともに消化
              が悪く、大量に摂取すると消化不良。特にスルメは、消化管の中で
              10倍に膨らみ急性胃拡張等につながる可能性あり

   キノコ:毒素を含んでいる場合がり、ショック症状、死ぬ場合がある
   ジャガイモ、トマト:消化器、神経系、泌尿器系に障害を起こすことがある
   アワビ、サザエ。トリガイ:貝類の肝臓を食べて日に当たると、貝が食べた海藻に含まれる
                   葉緑素の分解生成物により重度の皮膚炎になる。

   チョコレート、コーヒー、茶のカフェイン:心臓や神経系に異常がでるときがある。
   ドッグ・フード:度々与えると、栄養不良や心臓に影響を及ぼす
   生魚:チアミン欠乏症を引き起こし、食欲減退、卒中、重症になると死に至る

   レバー:ビタミンA中毒になる
   ブドウ:腎臓に障害
   マカデミア・ナッツ:消化器や神経系、筋肉に影響
   生タマゴ:ビタミンBを壊す成分がある

   有害な植物:特に有害なところでは、アイリス、アジサイ、アマリリス、アロエ、菊、
           クロッカス、ゴムの木、シャクナゲ、水仙、スィートピー、スズラン、
           ゼラニウム、チューリップ、ツヅジ、ユリ

4.世話は誰が担当?

    猫の家族として迎えたのはいいけれど、責任もって役割を決めましょう。
    一応の役割を決め、いちばん大切なことは、世話を欠かさないことです。
    猫はキチンと見ていますから。食事係り、トイレ掃除係り、ストレス解消遊ぶ係り

 

5、猫のエサと水の与え方
     
    猫のえさは、生後3ヶ月ぐらいで、食事回数を3回、半年で成猫と同じ2回に変えて
    いきますが、お腹や首がタルんでいない限り1歳ぐらいまでは3回で大丈夫です。
    
   継ぎ足し継ぎ足しする事になるので、あまり古い物が入っていないか注意する事、
    一週間に一度くらい中身を捨ててお皿をきれいに洗ってあげれば十分です。
    缶詰は傷みやすいので入れっぱなしにしないようにします

    基本的に猫は、ちょっと食べては休憩し、またちょっと食べて・・・徐々に日に2回に
    持っていくというのが一般的な方法と思います。適当に食べ残しは捨てましょう。
    お水は、いつも食器を清潔に、新鮮なものを、あたえましょう。

6・猫のトイレ
  
    当サイトをご覧ください ⇒ ちゃんのトイレと猫砂のぺージへ

7.猫専用の場所

   猫は快適な場所を探すのが上手です。
   猫は、1日の大半はねています。静かで程よいぬくもりがあり、ゆっくり眠れる場所を
   好みます。よく眠れる場所の確保は大切です。

   夏は、涼しいタイルの上とか、廊下でねてます。冬は猫ちゃん用のこたつまたは
   電気座布団を、お好みの場所に置いときます。たまに押入れに入ったりして、
   猫ちゃんが見つからないときもありました。家の猫はやんちゃ過ぎるのかな!



 
  猫ちゃんの家族〜Top

    
 

 雑種猫桃太郎との出会い
(桃太郎のプロフィール)

  
  捨て猫トラくんとの出会い
(トラくんのプロフィール)


  猫ちゃん 桃太郎の写真集

  猫ちゃんトラくんの写真集

  猫ちゃんはどんなペット

  猫ちゃんのトイレと猫砂

  猫ちゃんの飼い方

  猫ちゃんのしつけ

  猫ちゃんの年齢

  猫ちゃんの老化(病気)

  
猫ちゃんの健康管理のポイント

  猫ちゃんなどの感染症


  猫ちゃん家族の自然散策

  猫ちゃん家族の温泉で健康

  猫ちゃん家族のガーデニング

  プロフィール
 
 
  ワンクリックで募金のできる
    サイトを応援しています。

   

  猫ちゃん色々写真リンク

  
猫ちゃんの日記・素材リンク

  猫ちゃんお役立ちリンク

  かわいいペット・動物リンク

  かわいいペット1・動物リンク

  ペットお役立ちリンク

  
素敵なスポットのリンク

   楽しい趣味のリンク

  その他の趣味のリンク

  
生活お役立ちリンクT

  
生活お役立ちリンクU

  
生活お役立ちリンクV

  
  
   
   リンク先不明の方は?
<猫ちゃんの飼い方ページTop 
Copyright (C) All Rights Reserved 猫ちゃんの家族〜Top